【プロミスのキャッシング体験談】効率的なキャッシングがしたくて選んだプロミス


体験者情報
性別 職業 年齢 借入額 借入先
男性 フリーター 25歳 最大10万円 プロミス

借金を作ってしまう理由は人それぞれにありますが、ここで重要なことはどこからお金を借りているのかということだと思います。銀行からの借金の場合は基本的に法律に則った人道的な回収をしてくれますので安全ですし、他のどの消費者金融業者よりも信頼できます。しかし消費者金融業者から融資を受けるとなると、話は別です。中には悪徳業者もいますので注意しなければなりません。


グレーゾーン金利

自分が借金をするのなら、ドラマや漫画などに出てくる悪徳消費者金融業者からは絶対に借りないようにしようと注意していました。その理由は法律のグレーゾーンに設定されている金利にあります。業者からお金を融資してもらう際に金利が発生するのは当然のことですが、これは法律によって制限がかけられています。

上限金利に関する法律は出資法と利息制限法の2種類があり、それぞれ29.2%と15%から20%と定められています。お金を借りた際、どちらの法律が適用されるかはまさにグレーゾーンなのです。悪徳業者の場合は法律のすれすれである29.2%の金利を貪りますので、できればこのような業者は選びたくはないと考えていたのです。


プロミスにした理由

遊ぶ資金が足りなくなったからカードローンやキャッシングサービスに頼る、という発想自体がおかしなものではありますが、自分には必要なお金なので、悪徳業者に注意しながら融資してくれる業者を選ぶことにしました。結局自分が選んだのはプロミスです。

業界大手のサービスならば信用問題もありますので、悪徳である可能性は限りなく低いと考えました。また、何よりも手軽でスピーディに融資を受けられること、そして返済が楽に行えることが魅力的でした。自分はもともと三井住友銀行をよく利用していましたので、この口座から自動で返済してくれるシステムや、全国にあるコンビニATMで融資を受けられる点なども魅力的でした。


 プロミスの口フリ

プロミスには口座振替(口フリ)があります。三井住友銀行かジャパンネット銀行の銀行口座を登録すると、返済日は5、15、25、末日から選択して指定でき、毎月自動的に引き落としされるので便利です。(その他の金融機関の場合は返済期日は5日のみです)また。口フリは手数料が無料で利用できるのでお得です。手続きは会員サービスからできるのでカンタンに行えます。

アコムでも指定銀行口座での自動引落しが可能ですが、別途手数料が必要です。

その他の消費者金融と金利などを見比べるなら、当サイトの「消費者金融おすすめ比較ランキング」のページをご覧ください。


借入と返済の毎日

当然ですが、融資を受けた後には返済をしなければなりません。そのあたりもしっかりと考慮に入れているつもりです。金利は融資を受けている期間に発生するのですから、長期に亘り返済を続けていれば損をすることになります。

なので自分は可能な時に可能な限りの返済をするように心がけています。遅延をしてしまうと信用情報に傷が付いてしまうことも既に調査済み。返済が厳しい時にでも最低限の返済額は入れるようにしています。自分で言うのもなんですが、上手にキャッシングサービスを利用できていると思います。



このページの先頭へ