【新生銀行カードローンレイクのキャッシング体験談】靴のお手入れ代のため、レイクのキャッシングを利用しました

体験者情報
性別 職業 年齢 借入額 借入先
会社員 23歳 17万円 レイク

私は、靴に命をかけています。自作の高級素材靴が欲しくなり、消費者金融のレイクに行き、キャッシングサービスに申し込みました。カードローンは、「慢性的」に使ってしまうと、後が怖いです。利用限度額をよく確認してから、利用しましょう。

シューズイズライフ

靴こそ我が人生の伴侶です。靴を磨いていると、心も磨かれます。ついでに、靴磨きの技術も向上しますし、とても気分も良くなります。趣味は靴作りです。最初は人形用の靴を作っていましたが、今では自分で履く靴を制作できるまでになりました。 靴を作る時、一番困るのは「型紙取り」です。きっちりと寸法を測る必要が有るため、時間がかかります。うまく作れた時の喜びはひとしおです。

近代社会では、靴磨きは、身分の低い者が行う職業だとされてきましたが、私はそんな事はないと思います。むしろ、人の履く靴を見て、その人のことがわかるというケースも珍しくないと思います。


歴史と靴

貴族が履く靴と、庶民が履く靴は、大きく違います。派手な装飾にジャストフィットした靴は、貴族の特権です。もっとも、一般労働者であっても、きちんと手入れがされている靴は、良い靴だと思います。お手入れのコツは、「ブラシ」と「磨き粉」を完備すること、換気の良い場所でお手入れすること、隣の人に迷惑をかけないこと、以上の3点です。

古代エジプトでは、市民はサンダルを履いていました。現代日本では、市民は様々なジャンルの靴を履きます。歴史や文化、経済規模等、様々な要素が靴には反映されていると思います。


履けばいいのか

労働者の靴は、動きやすい形状です。もっとも、それぞれが工夫をこらし、適切な形を保っています。靴の歴史を知ることで、その国の労働力の中身を見積もれます。一般に、良い靴を作れる国は、工業製品の生産力も高く、寒暖に対応した装備を用意できると考えられます。その点、日本の和装は、理に適った代物だと思います。

個人的には、靴は履くものであり、同時に、誰かに見せるものである、と考えます。理由として、靴はその人の第一印象を左右するパーツであり、その人の骨格や歩き方を瞬時に判別する、重要な要素だからです。


靴の購入代金

お金が足りなければ、自分で靴を作れば良いのです。私は、小さい頃から自作の靴を履いて投稿していましたので、工夫をこらす事は得意でした。しかし、「高級素材を使った靴」を自作するときに、課題にぶつかりました。

普段は気づいていませんでしたが、私はクレジットカードを使って買い物をしています。このとき、代金は私の預金口座から引き落とされます。つまり、必要なお金が手元になくかつクレジットカードの残高にも余裕がないと言うことです。この状況を打開するため、私は消費者金融を利用しました。


レイクを利用したきっかけ

レイクは、「親切そうなイメージ」がある消費者金融でした。このカードローンは、金利が高めです。その代わり、申し込み方法が簡単でしたし、安定した収入があれば、審査も心配ありません。

一番の注目点は、「緑と白のロゴ」です。 私は、会社のロゴにとても興味があります。魅力的なロゴの会社のサービスは、優先的に活用しています。デザインセンスと言うのは、日本人にとってはあまり重要視されないものかもしれませんが、世界的に見れば、とても価値の高いものです。ファッションと同じように、企業のブランドやそのイメージを左右するのが、ロゴだと思います。


カードレスも可能

体験談の方が気に入ったのはロゴですが、多くの方がCMなどから消費者金融を知るのではないでしょうか。CMに比べてあまり知られていないのが、新生銀行カードローンレイクがカードレス契約ができるということです。

他にも下記のカードローンがカードレス対応(カードを発行しないサービス)をしていますが、各々条件が違うので比較してから選びましょう。

カードレス以外でも「無利息サービス」など知らないと損してしまうこともあるので、他のカードローンも下記ページで検討してみるといいでしょう。
【関連】消費者金融おすすめ比較ランキング


見た目のかっこよさ

美貌を支えるのは靴です。どんな美しい女声も、靴が衣装に合っていなければ、意味がありません。王宮でのダンスや、日本舞踊など、踊りと靴には深い関係があります。靴の歴史を勉強すれば、より多くのことが分かるでしょう。

私は、決してイケメンではありませんし、歯並びが良いわけでもありません。しかし、趣味の靴集めや靴のお手入れに関しては、誰にも負けない自信があります。消費者金を使ったことは、半ば不本意でしたが、サービスとしてはやや好調といえます。これからも、よりおしゃれな人生を追求していきたいと思います。



このページの先頭へ